競走馬の牧場には大きくわけて仔馬の繁殖や生産を行う生産牧場と、馬の調教・育成を行う育成牧場があります。ここでは、競走馬の馴致調教などを行う競走馬の育成牧場についてお話します。

競走馬の育成牧場とは…?

競走馬は、2歳のデビューに向け、生まれてから1歳の秋頃までは放牧を中心に、基礎の体力づくりが行われます。競走馬の育成牧場では、まず、1歳の秋頃より、競走馬として活躍するための基本的なもっとも重要な訓練である馴致(じゅんち)調教が行われます。馴致調教とは、馬にハミをつけたり、鞍をつけたり、人が乗るための様々な訓練であり、2歳の春ごろには走路やハンロ(坂路)コースで本格的な調教が始目られるようにトレーニングを行います。そして、やがてそれらの調教メニューをクリアーした馬は、トレーニングセンターや競馬場に向かうことになります。このように、馴致調教から走路・ハンロ(坂路)で走り込めるようになるまでの一連の育成を担うのが、競走馬の育成牧場なのです。

それでは、次に競走馬の育成牧場でのお仕事についてお話します。
馬の世界で働きたい!競走馬の牧場で働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

【評判・口コミ情報】未経験からの馬の学校 比較!なら!

近年、未経験から馬業界への就職を目指せる「馬の学校」が増えてきました。一見、同じような学校でも、中身を比較すると、学校の理念や考え方、指導方針・教育方針がまったく違います。
そうした中で、自分にあった学校を選ぶことが何よりも大切であることはわかっていても、それぞれの馬の学校を比較するためのポイントって、わかりにくいですよね…。
ここでは、馬の専門学校・馬の学校を探す方に対して、自分に一番適した馬の学校を選ぶためのポイントを紹介しています。

期間限定公開 → 馬の学校 比較サイト
   
   
競走馬の育成牧場求人・就職【よくある質問Q&A?】

競走馬の育成牧場への就職を目指す方に対して、気になる「よくある質問Q&A」を作成しました。ぜひ、参考にしてください。

ページトップへ